店頭からイオンカードの申込方法・発行までの流れ(更におトクな手順などを解説)

  • HOME »
  • 店頭からイオンカードの申込方法・発行までの流れ(更におトクな手順などを解説)

イオンカードの店頭申込の方法・流れについて調査しました

イオンカードの店頭申込の方法についてまとめてみました。実際に、最寄りのイオン・イオンモールなどを数件まわって確認した内容となります。イオンカードに興味があって、これから作りたいという方は参考にしてみてください。

目次

イオンカードの店頭申込についてまとめました

店頭申込の際に必要なもの(持参するもの)

申込書の住所や名前などが正しいかを確認するための本人確認書類が必要です。また、引落口座も登録する場合には、キャッシュカードも持参しましょう。

本人確認書類
運転免許証・運転経歴証明書、各種健康保険証、パスポート、各種年金手帳、住民基本台帳カード、在留カード、特別永住者証明書
キャッシュカード
(通帳・銀行印)
キャッシュカードは専用カードリーダーで読取り、カード契約者が暗証番号を入力すると口座振替の申し込みが完了するので”印鑑”は原則的に必要ありません。※大手都市銀行、ゆうちょ銀行、地方銀行の大部分が登録可能です。
また、振替口座の手続きは、後日届く書面に記載・銀行印を押して返送することもできるそうです。

本人確認書類は「有効期限切れ」「現在の住所と違う」などの、ミスが多いようなので事前に確認しておきましょう。


店頭申込ができる場所

週末などに店の入り口、エレベーター付近で募集していることが多い。

私がメインで利用しているイオンモールでは常に申込みカウンターは設置されていません。

週末やお買物イベントなど来場者数の多いタイミングにのみ、お店の一階入り口、店内中央にあるエレベーター付近などで募集していることが多いです。

ちなみに「イオンカード受付カウンター」が設置されている日には、入り口やエレベーターなどに「看板」が置かれていて、そこに受付時間なども表記されています。


店頭でのイオンカード申込みの流れ(申込み・審査結果・到着まで)

店頭での申込みから仮カード受取までの流れ

ざっくりと申し込みの流れをまとめると下記の通り。

実際に申込みカウンターで聞いた内容などをまとめてみました。

店頭申込」はタブレット端末での申込みとなります。申込みの際に「即日発行※仮カード」または「通常申込」を選択できます。即日使える仮カードがほしい場合には、即日発行を選択しましょう。

仮審査の結果がでるまでの所要時間は「最短5分」らしいです。遅くても30分程度とのことでした。仮審査に通過すれば、本カードもほぼ発行されるそうです。※本カードは後日郵送にて届きます。

申込みが完了すると「申込済証」と「カード受取について」という紙を渡されます。

「申込済証」はお客様感謝デー5%OFFなどで提示すると割引を受けることができます。「カード受取について」にはカード受取時間などが明記されています。

仮カード受取の際には「ご契約内容のご案内」という紙に「総利用可能枠」が記載されています。仮カードの割賦枠は10万円固定という噂もありますが、実際にはそんな事はないようです。ちなみに、キャッシング枠は0円固定です。

仮審査に通過できなかった場合には、仮カードの発行はありませんが、そのまま本審査(通常のカード発行審査のこと)にまわるそうです。※店舗により対応が異なるかもしれません。


即日発行される仮カードと本カードの違いとは!?

仮カードはイオンの買物でのみ利用可能!国際ブランドはついていません。

仮カード」にはVISA、MasterCard、JCBという「国際ブランド」のマークがついていません。つまり、国際ブランドの加盟店での買物には使えません。

イオングループの直営店または、レジ周辺に上記の「イオンカードのマーク」のあるお店で利用することができます。もちろん仮カードを利用すると「ときめきポイント」が貯まります。

仮カードでも、お客様感謝デー5%OFF・GG感謝デー5%OFFなどのイオンの定期イベントは対象になります!つまり今日使える!

毎月20日・30日のお客様感謝デー5%OFF」は、仮カードでもクレジットカード請求時に5%割引になります。

毎月15日のGG感謝デー5%OFF」に関しても、仮カードにGGマークはついていませんが申込者が55歳以上であればクレジットカード請求時に5%割引されます。

仮カードが使える店舗
イオン、イオンスタイル、イオンモール、ダイエー、グルメシティー、マックスバリュ、イオンスーパーセンターなどで利用可能。専門店街でも使えるお店が多いようです。レジ周辺のイオンマークを確認してみてください。
仮カードの利用限度額
仮カードを受取る際に、定員さんに限度額の説明を受けます。わからない場合には、仮カードと一緒に渡された封筒のなかにある「ご契約内容のご案内」に記載された「総利用可能枠」を確認してみてください。
仮カードにはついてない機能
  • 国際ブランドでの決済機能(JCB、VISA、MasterCard)
  • 電子マネーWAON
  • ショッピングの分割払い・リボ払い
  • キャッシング
  • イオン銀行キャッシュカード(イオンカードセレクト)

ネット申込でも最短即日にて店頭で仮カードの受取ができる!

イオンカードは「ネット申込」でも、最短即日中に最寄りのイオン・イオンモールなどで仮カードの受取ができます。もちろん「ネット申込限定の特典」も獲得することができます!

仮カードを受取る際に渡される封筒のなかに「サンキューパスポート(イオン直営店で使える5%~10%の割引券)」が入っている事もあるようです。

公式特典ではないため入っていたらラッキー!程度にお考えください。

本日開催中のWEB限定の新規入会キャンペーンはこちら

本カードの到着は申込みから約2週間程度を目安に。

本カード」はカード申込から2週間程度を目安に届くそうです。振替口座の登録が完了している場合には、本人確認が完了しているとみなされるので「簡易書留」にて届きます。簡易書留は本人以外の同居する家族でも受取可能です。運転免許証などの提示も必要ありません。

本カードが届いたら、仮カードはハサミを入れて破棄しましょう。

万が一、仮審査のあとに何らかの理由で審査落ちしてしまった場合にはハガキにて「カード発行を見送ることになりました」というような内容の連絡がきます。


店頭申込での新規入会特典(実際に開催されていたキャンペーン)

店頭申込は新規入会特典はあまり期待できない・・。

今回調査した日は「500円割引券」と「キッチンペーパー」でした。「ネット申込」と比較すると、あまりお得とは言えないような内容かもしれません。

ちなみに「新規申込特典」については、仮カードの結果に関係なく申込みが完了した時点で貰えるとのことでした。※店舗により違うかもしれません。

最近は「イオンお買物アプリ」のクーポンで配布されているようです。特典内容は3,000円以上で使える500円割引券だったようです。

現在開催中のインターネットからの申込特典は「WEB限定!最大6000ポイント進呈!2018年9月1日~2018年11月30日まで」となります。やはり、ネット申込みが断然お得ですね。キャンペーンの詳細はこちら:イオンカード(WAON一体型)

まとめ

店頭またはネット申込み!?どちらがお得なの

新規入会特典は、ネット申込が断然お得!

店頭申込は、窓口スタッフがイオンカードについて詳しく説明してくれることがメリットだと感じました。

 
ネット申込
店頭申込
入会特典
仮カード発行(即日)
カードの説明

さいごに、イオンカードのネット申込に関して現在開催中のキャンペーンについてまとめてみましたので参考にしてみてください。

ネット限定・イオンカード新規入会キャンペーン開催中

入会金・年会費無料!ネットなら申込の際に印鑑や書類の返送も不要です
イオンカードとWAONが一体化したカード(店頭即日受取にも対応)
WEB限定!最大6000ポイント進呈!2018年9月1日~2018年11月30日まで
イオン銀行キャッシュカードが一体化したカード(店頭即日受取にも対応)
WEB限定!最大8000ポイント進呈!2018年9月1日~2018年11月30日まで

本日、新規入会キャンペーンを開催しているカードはこちら

キャンペーンの詳細は下記リンクよりご確認ください。

イオンカードの比較!特典を比較して自分にあったカードを探そう!

このページをみれば各イオンカードの違いがわかります
全部で50種類以上あるイオンカード・提携カードの特典内容を比較して各カードごとの特徴をご紹介します。数が多くてカードごとの違いがわからないという方に、タイプ別におすすめのイオンカードを解説しています。カード選びに迷っている方は、まずはこちらのページをチェックしてみましょう。

こちらのページを共有する

イオンカードのお申込みはこちら

新規入会キャンペーン実施中!
入会金・年会費無料!
新規入会キャンペーン実施中:WEB限定!最大6000ポイント進呈!2018年9月1日~2018年11月30日まで

ネット通販で人気のクレジットカード

8秒に1人が申し込むカード!

PR

PAGETOP
Copyright © イオンカードの作り方ガイド! All Rights Reserved.