イオンカードとイオンSuicaカードの違いとは?

イオンカードとイオンSuicaカードの違いを解説

イオンカードからイオンSuicaカードに切替を検討している方に、2つのカードの違いなどを解説してみます。ちなみにイオンSuicaカードへ切り替えができるのは、ノーマルのイオンカードだけで、イオンカード(WAON一体型)やイオンカードセレクトからは切替には対応していません。

基本的なカードスペックで違う点はこちら

イオンSuicaカードは、家族カード、ゴールドカードの発行、GGマーク付きのカードなどがありません。ただし、Suica機能とビューカードに付帯する国内・海外旅行傷害保険がついています。イオンカードWAON一体型、イオンカードセレクトもデザイン以外はイオンカードに共通していると考えて比較してみてください。

比較項目
イオンカード
イオンSuicaカード
デザイン
公式サイト:イオンカード
公式サイト:イオンSuicaカード
ポイント還元率
共通。クレジットカード利用200円につき1ポイント「ときめきポイント」が還元されます。
ETCカード
共通。ETCカードは年会費無料で申込可能です。
家族カード
家族カードは3枚まで発行可能です。 家族カードの発行はありません。
ゴールドカード
ゴールドカードへの招待の可能性があります。 ゴールドカードはありません。
GGマーク
55歳以上の方はGGマーク付きカードを選択できます。 GGマーク付きカードはありません。
旅行傷害保険
ついてません。 ビューカード付帯の国内・海外旅行傷害保険がついている。

2つのカードの特典を比較

イオングループでの主要なイベント特典での適用は変わりません。

比較項目
イオンカード
イオンSuicaカード
お客様感謝デー
GG感謝デー
いつでもポイント2倍
ありが10デー
ときめきWポイントデー

イオンSuicaカードだけの特典

上記に追加してイオンSuicaカードだけの機能や特典がつきます。

イオンSuicaカードだけの特典
  • Suicaが一体化したカード。デポジット無料で貯めたポイントはSuicaに交換できる。
  • Suicaのオートチャージに対応している。
  • 海外・国内旅行傷害保険がついている。
  • JR東日本ホテルズ、駅レンタカーなどの優待割引・割引特典が受けられる。

まとめ

どちらのカードがお得なの?

イオングループでの利用に関しては、ゴールドカードへの無料招待の可能性があるイオンカードの方が優れています。JR東日本グループでの利用に関してはイオンSuicaカードの方が機能性も含めてお得ですね。

迷っている方は2つのカードを持てば問題なし!

イオンカードは一人で複数種類のカードを持つことができます。複数枚カードがあった場合には、最も金額の大きい利用可能枠だけが適用されるので、カードの枚数だけ限度額が増額されるわけではありません。私自身も合計4枚のイオンカードを利用しており、複数枚所持はめずらしい事ではありません。

詳しくは公式サイトをご確認ください

イオンカードの比較!特典を比較して自分にあったカードを探そう!

このページをみれば各イオンカードの違いがわかります
全部で50種類以上あるイオンカード・提携カードの特典内容を比較して各カードごとの特徴をご紹介します。数が多くてカードごとの違いがわからないという方に、タイプ別におすすめのイオンカードを解説しています。カード選びに迷っている方は、まずはこちらのページをチェックしてみましょう。 >>イオンカードの特典を比較!選び方・タイプ別のおすすめ

イオンカードのお申込みはこちら

新規入会キャンペーン実施中!
入会金・年会費無料!
新規入会キャンペーン実施中:WEB限定!最大6,000ポイントプレゼント!2017年9月11日~11月30日まで

ネット通販で人気のクレジットカード

8秒に1人が申し込むカード!
楽天カードで全ての特典を獲得するための申込手順はこちら:楽天カードの作り方ガイド!

PR

PAGETOP
Copyright © イオンカードお得な作り方ガイド! All Rights Reserved.